知識を得る

綺麗に無駄なくフローリングワックスを塗布して仕上げるためには、事前準備に関しても入念に行っておくことが重要です。そのための知識としては、まず天候確認が重要です。 ワックスと天候は密接に関連しており、乾燥がしにくい日にフローリングワックスを掛けてしまうと、固着がなかなか進まずに失敗をすることがあります。このため温かい快晴や曇の日の行っていきます。雨天や高湿度の日は、水分がワックスの固着を邪魔する可能性が高いので、できれば避けるようにします。 また複層も重要で、髪が落ちないようにヘアーキャップをしたり、毛羽の立ちにくい服装を準備しておくことも重要です。 またフローリングワックスを塗る前に扇風機で、床を乾かしておくのも成功しやすくなるためのコツとなります。

床を保護して、美しく見せることができるフローリングワックスは、上手に塗るために工夫できる点が複数あります。その1つとして乾燥を早めて上げるのも良い工夫です。フローリングワックスは、固化に時間がかかると水分やホコリといったものが付着しやすくなるためです。このため乾燥を早めるために、ドライヤーや扇風機を用いて、塗布後に乾燥を急がせる工夫が有効となります。 また別の工夫できる点に、部屋内での塗布作業は部屋の奥から徐々に入り口まで下がりながら塗布するのが、上手に仕上げる工夫となります。こうする事で、間違って乾燥前のフローリングワックスを踏んでしまうことも無くなります。 またワックスモップはある程度大きな物を選んだ方が作業がしやすくなるメリットがあります。