効率が良い

戸建てでも分譲マンションでも共通していますが、フロアコーティングはその種類ごとに硬化に必要な時間が変わってきます。特にウレタンコーディングは完全に乾燥して硬化が終わるまで季節によっては1ヶ月近くかかることがあります。硬化前に重たい家具などを設置すると、そこだけ凹んだりといたことも起こるので、硬化前の扱いに関しては特に注意が必要です。 これはガラスコーティングでも同様で、やはり硬化に数日かかるため、その間は生活がしにくくなります。このような事態を避けるために、施工時期は極力生活に支障が出ない時に行ってもらうように注意をします。 一番良い時期は新築直後の入居前になります。マンションならば入居前に行ってしまえば、家財もないので費用的にも安上がりになります。

コーティング剤の硬化時間の長さは、実は施工において問題となりやすいため、留意をしておく必要があります。フローリングなどにフロアコーティングを行ったあとは硬化するまで、使用することができません。しかし中には硬化時間の短いコーティング剤もあるため、生活状況によってはそれらを用いるのも有効です。 例えばUVコーティングはフロアコーティングの中でも効果が非常に早いのが特徴で、一瞬で終わります。このため一戸建てやマンションで現住しているケースでも、暮らしながらフロアコーティングが行えます。 またアクリルコーティングも、やはりフロアコーティングの中では硬化が早い事で知られています。コスト的にも安めなので、マンション購入直後であっても、比較的費用負担も少なく済みます。